ちょっと昔から、現在に戻ってみます。(古い日記から読んでいくと楽しいですよ)


by yojirou_m
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

キャパ500!?

あまり覚えていない2時間のお話

その時は、いきなりダンスで始まった。
ゲネも終わり、たくさんの観客が見守る中{ボヘミアン なんとか・・・}という曲に乗せて、私はダンスを踊っていた(もちろん、町田を含めてみんなもである)
またもや自分に酔いしれながら、少しだけ、冷静な自分に気付く。
{舞台の上は、照明とかで結構熱いんだなあ}

初台詞を言う時の、胃のむかむかする思いは何なのだろう?
私の声は、実に素晴らしく裏返ってしまった。
こんな台詞で・・・。
「幸せになれよ」

芝居が進んでいく中、私はみんなの演技力に魅せられた。
高校演劇をなめてはならない。
田実と佐伯の自然な芝居、町田の気取らない演技、熊迫のテンションの持って行き方、北原の芝居の説得力・・・挙げていくとキリがない。
私は、みんなに着いていくのがやっとこさ・・・。
しかも、ただ間違えないように台詞を読んでいるだけ(@@)V
舞台を始めて間もない皆さん、こんな経験ないですか?
      自分の後に台詞を言う人物を、ついつい見てしまう・・・。 
この頃の私ですね(: :)  

見せ場がやって来た!!
高校演劇祭ではタブーとされていた{キスシーン}
私がやるのだが・・・、ガチガチで、でもガムはたくさん噛んだから、まあ、大丈夫だったでしょう・・・。

見せ場がやって来た!!
高校演劇祭ではタブーとされていた{水使用シーン}
みんなで乾杯!舞台上は水浸し・・・、誰がこの後謝ったのだろう・・・?

見せ場がやって来た!!
町田のアドリブに吸い込まれそうな熊迫!

見せ場がやって来た!!
上原と佐々木、小田ちゃんの重なり合う照明と音楽!!
息を呑む観客と見守る高校生達、先生方と怒りの劇場関係者!

見せ場がやって来た!!
鶴ちゃんの裸と、池田君の叫び!
えのさんの悲しみと北原の孤独!!
町田は嘆き、田実は空を見つめて熊迫は泣いた・・・。
佐伯はずっと優しくて、うっちゃんは言った。
「私は、私はどこにも行かない」

みんなのお陰でした。
私が本気で舞台をやろうと思ったのは・・・。







次回!先生達の困惑とそれぞれの道
[PR]
# by yojirou_m | 2005-07-14 00:34
こんなにたくさんいるのか・・・!

搬入口から舞台裏を通り、楽屋へと向かう。
色んな学生服の生徒達が、私達に挨拶をしてくれた。
この大会も、学校事業の一環なんだなあと思いながらも、知らない人が私にも挨拶してくれる事に、ちょっと偉くなった錯覚を覚えた。

舞台監督として、皆に指示を与えていたのは梁瀬。
照明は佐々木と小田ちゃん。
音響は上原。
他にも、仕込みや転換、衣装に受付、チラシ、宣伝、大道具小道具と、ほんとに大勢の高校生達が舞台を創り上げて行く・・・。
「こんなにたくさんいたんだ・・・」

結局私は、メンバーの好意もあって、楽屋割担当となった。
掃除して、お茶の用意して、鏡前に名札を貼って、結構忙しく働いた。
他のみんなは、照明を吊ったり、トンカチ叩いたり・・・、昔の私なら、こんな自分を役立たずだなと思ったりもしたが・・・ここ最近は違うのだ!少しだけ、成長したのかもしれない。
「自分の出来る事を、出来る限りやっていこう!」
ンンーッ!と、興奮と武者震いを抑えようと、私は小さく叫んでみた!
「何か買って来ましょうか?」
その子は扉の前に立っていて、ニコニコしながらこっちを見ている。
ンンーッ!をごまかそうと、「ンン!?ウン、大丈夫です」と、顔が真っ赤な私・・・。
「はい」と返事をした彼女は、大きな瞳と色白の肌が実に印象的な女の子で、私は目が合った途端に照れてしまった。

女の子   「上原先輩から聞いてました、おもしろい人がいるって」
私      「あ、あいつ!何だか恥ずかしいな、同じ学校なの?」
女の子   「はい、あ、あたし箸野です」
私      「箸野さん?」
女の子   「はい、珍しいんですよ、割り箸の箸って書くんです」
私      「へえ」
女の子   「頑張ってくださいね」   

そう言うと、箸野は去って行った。他にもいっぱい買い物があるのだろう。
本番間近のデレデレ男。
他人を気遣う箸野に感動しつつ、暗転。 
[PR]
# by yojirou_m | 2005-06-28 03:09